アフタヌーンショーやらせリンチ事件発覚・突然の番組終了

夏休みになるとカッパのミイラを鑑定するなど他愛ない企画が放送されたが、事件・芸能ニュースの過熱ぶりが夏休み企画にも波及。1985年8月3日の夜、東京都福生市内の多摩川河川敷で不良中学生の少女数十人がバーベキューパーティをしていたところ、暴走族の男が少女5人にリンチを加えて怪我をさせたという映像の一部始終を同年8月20日に「激写!中学女番長!!セックスリンチ全告白」というテーマで放送したが[5]、同年10月8日、逮捕された少女の供述から、このリンチは番組ディレクターが暴走族への指示で行った演出(やらせ)だったことが判明した。更に10月15日には被害者の少女の母親が自殺したことが発覚、10月16日にはやらせを指示したディレクターが暴行教唆で逮捕され(のちに罰金10万円の有罪判決)、懲戒解雇されるという前代未聞の不祥事となってしまった。ディレクターは暴走族リーダーの男の仲間である無職の少女2人に対し、「女同士の暴力シーンをさせてほしい」と話を持ちかけ、女子中学生の生徒数十人に暴行を加えさせた。暴力シーンの撮影後、ディレクターは少女らに取材協力費として10万円を支払った。放送日が夏休み期間中であったため、さらなる視聴率の低下を危惧してこの「やらせ」を企画したとされる。「やらせ」の業界用語が皮肉にも一般に浸透した出来事であった。

放送界前代未聞の事件となった「やらせリンチ事件」は日本の放送メディアに大きな波紋を呼び、各メディアからテレビ朝日に対する非難の声が高まり、テレビ朝日の会社自体や関係者はもちろんの事[6]、本番組をネットしていた28局にも大きな打撃を与えた。やらせリンチ事件発覚後の本番組における打ち切りまでの経過は次の通りである。

1985年10月8日(やらせ発覚当日) – 前日の同年10月7日にスタートした『ニュースステーション』においてトップニュースで久米宏が事件を報道して謝罪。事件が発覚した同日以降、各新聞の記事にも連日のように「やらせリンチ事件」の記事が掲載され、各テレビ・ラジオのニュースでも連日「やらせリンチ事件」が大きく報道されるようになった。本番組を取り巻く環境も、視聴率が急激に低下していくと同時に、発覚2日後の10月10日には体育の日もあったことから、日を追って悪化していく。
1985年10月14日 – やらせ発覚7日目にして、なおかつ発覚直後初の月曜日の放送で、当時社長であった田代喜久雄が番組に生出演して謝罪。ノンスポンサーで放送された。これにより番組スポンサーは事実上番組打ち切りの1週間前である同年10月11日までに全社が降板することとなり、最終回までノンスポンサーでの放送となった。
1985年10月16日 – 前日10月15日に被害者の少女の母親が自殺したことを受け、司会の川崎は涙を流しながら、責任を取って引責降板を表明。同時に馬場などのレギュラー陣も降板を表明した。
1985年10月17日 – やらせを指示したディレクターが前日の放送直後に逮捕されたことを受け、テレビ朝日は緊急協議を開き、本番組を翌10月18日をもって打ち切ることを決定。各新聞の夕刊のトップの記事に掲載された。
1985年10月18日 – やらせ発覚11日目にして本番組が終了し、20年半の歴史に幕を閉じた。最終回は20年間を振り返るスペシャルであり[7]、司会の川崎・今村がお詫びと感謝の言葉をのべ、最後には出演者全員が涙した。
その後、田代社長らテレビ朝日幹部は減給処分となり、当時の郵政省は、11月1日付でテレビ朝日に対して厳重注意の行政指導を行った[8]。さらに、テレビ朝日は無線局免許状の更新を拒絶されるのではという危機に瀕することとなったが、「条件付き」ということで免許剥奪は免れた。

この事件の発覚が引き金になり、テレビ朝日は視聴率がキー局4位に転落したことから、「振り向けばテレビ東京」と揶揄された。この影響は後番組はおろかテレビ朝日系列全体においても、視聴率低下や番組編成での相次ぐ失敗により、長期にわたり低迷する時代を招く事につながり、同時にテレビ朝日系列、本番組をネットしていたネット局28局(系列局・系列外局問わず[9][10])、『モーニングショー』などのテレビ朝日系ワイドショー全体の信頼も失墜し、本番組を打ち切り時点でネットしていたテレビ朝日系列13局(ANNフルネット12局と1993年3月まで日本テレビ系列とのクロスネットだった山形放送)は後の朝日放送『素敵にドキュメント』のやらせ発覚で再び打撃を受けることになった他、山形放送を除くテレビ朝日系12局は椿事件で三たび打撃を受けることになる